忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何かのテレビの番組の終わりに
スマップがエンディングソングを歌っている。
テレビの枠はそのまま窓になって
私は窓から、川沿いで高速道路の平行する道を歌いながら歩くスマップを眺めている。

中井君が曲の後半の盛り上がったところで
「は〜い今の感想は〜??」
と私に向かって聞いて来た。
毎週お決まりな雰囲気なので、私もためらわず
「最高〜〜!」
とちょっとアダルトな声で叫ぶ。

部屋に戻るとスマップも仕事を終えて戻って来ていていた。
畳の部屋でくつろぐメンバー。
私は香取くんの隣にすわって、さっき感じた熱い思いを
やはりアダルトに落ち着いた口調でメンバーにぶつける。

「ほんとうにスマップはいいよ。
だって誰もが知っていて、もはや好きとか嫌いとかっていう存在じゃないじゃない?
そんなスマップが“川”ってところがいいよね!
普遍的だもん。すごくよかったよ。」

そういって私は二階にあがる。
するとキムタクもやってきた。
私は流しで洗い物をしていると
キムタクがトイレから出て来てこちらにくるのが
流しのステンレスの板に写ってわかる。

キムタクは私の横から手を洗おうと腕をのばした。
そして袖をまくるために手首を振った瞬間、
まだ水には触れていないのに、何か液体が私の手にかかった。

「ちょっと…!今なんか手にかかったんですけど」
「え?」
「水じゃなくて」
「ふふふ」

甘い笑顔。
私もキムタクとだいぶ深い関係になったな…と
それがトイレのあとでも、
少し嬉しく思った。



という夢をみました。
PR
今日はメジャーの松井さんとデートをしました。

絵本や雑貨の置いてあるオシャレなカフェで
スーツの松井さんとお茶をしながら話をしていたのですが、
途中、松井さんは席を立ち、トイレに行きました。
私は松井さんを待ちながら店内の絵本などをチラ見している振りをしながらも
松井さんが出てきた時に一番かわいい自分を見せられるような体勢を意識して待っていました。
でもなかなかでてこないのです。
店も閉店し、店内の照明が落ちても、トイレからだけはこうこうと黄色い光が洩れています。
30分くらい経って、ようやくものすごく調子の悪そうな松井さんが出てきました。
おなかの調子が悪い事は明らかですが「下痢ですか」とはデートなので聞きませんでした。

結局あまり話もできないまま店を出て、小雨の降る駐車場で、松井さんはなにやら帰りのルートを考えているようです。
どうやら都心の外にある私の家まで送る気力も残っていないようです。
でも膝の軟骨が浮いてても試合にでるタフな松井さんだし、
デートなんだから車で送ってくれよとおもいましたが、
私が「じゃあ私一人で帰ります」と言うと松井さんは、よかった…という顔をしてあっさり一人で車で帰っていきました。
帰り道、松井さんと私の誕生日が6月12日と13日で1日違い(歳もいっしょ)だっていうことを話すのを忘れた!!!
と思い出して悔やむ……

という夢を見ました。

松井さん、異性として意識したのは夢が初めてだけど
怪我を乗り越えてがんばってください。

おわり


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[09/04 むらた]
[02/17 ノジー]
[02/10 wada]
[02/10 wada]
[02/09 mihop]
[02/08 福島のいちファン]
[02/08 福島のいちファン]
[02/03 sizu]
[12/06 wada]
[11/23 ノビタナカ]
ブログ内検索
最新TB
バーコード
忍者ブログ [PR]