忍者ブログ
[17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



私にクリエイターとしての三つ子の魂を与えてくれた(植えてしまった)恩師がいる。
初めは中学生の時に、美術系の高校を受験するために絵を習いたくて
母親が街のお絵描き教室を見つけてきてくれたのがきっかけ。
一対一で黙々と絵を描く。
絵の具とストーブの臭いが混ざって、独特の静けさの中で淡々と流れる時間。
受験も終わり、無事美術高校進学も決まったころ、
先生に「僕の個展があるからよかったらこない?」
と誘われ、埼玉県立美術館という立派な美術館に家族でお礼参りに行った。
そこにあったのは幅5mくらいある巨大な有機的曲面でできた板に
ひたすらシュッシュッシュッシュッッッッッッーーーーーーと
独特のペイントが、ランダムだけどもとっても丁寧に施された
いわゆる現代美術作品だった。
ゴッホやモネは見た事があっても現代アートというものと対決した事はなかったズン子少女は、
とにかくびっくりしたのだった。
普段、プラ〜っとしててフツーの絵の先生のおじさんだとおもっていたら
なんだか全然わからないけどやたら迫力のある、しかも
なんだか全然わからないのに異常に丁寧に作り込まれている、
この得体の知れない作品を作ったその人だというではないか!
私、実は相当クレイジーな人と週に何日もタイマンはっていたのか…
と思うとズン子少女はすこし震えた。
しかし今思えばあれはやくざ業人生の洗礼のようなものだったのかもしれない。

そんな先生に大学受験のときもお世話になり
その頃は少しだけアートというものの存在について
意識できるくらいには成長していたのだが
週2〜3回、毎回絵を描いたあとに
インスタントコーヒーをごちそうになりながらいろんな話をしてくれた。
「じゅんこちゃん、たとえばね、この灰皿、これがもし
ここから、ここへ(机の上を30cmくらい移動)移動したとする、
コレはもうこの空間の意味が全くかわってしまってるわけだよね」

全くわからなかった。やっぱりこの人は頭がおかしいのかも、
とおもったりもした。
それなのに、何がどう、いつ、なんなのかは自分でもわからないが
そういうモノの見方、考え方がいつのまにか私のベーシックになっていた。
ような気がする。

いずれにしても私にとってアートの原点はいつでも先生なのだ。
滅多にあう事がなくても、私の中でその影響力はいまだに大きい。

そんな先生が今年も勢力的に銀座で個展を開いていたので先日遊びにいってきた。
還暦を過ぎても常に作品を変化させながら作って発表し続ける事のすごさは
歳を追うごとに痛いほどわかってくる。すごいエネルギー。
最近は立体作品から絵画を取り入れる作風になってきているのがまた
若輩者の私ながらも、とても面白く、刺激的である。
灰皿と空間の意味を説いていた先生が、超写実的な絵を描いている。
でもモチーフはあのズン子少女がビックリした流れの不思議な物体。
写実的だけど、でもこれは現実的か?
パンクだよ。アートだよ。
33歳になったリアリストズン子はまた震えたのだった。

そんな私の勝手に師匠と思っている先生なのだけど
今日、私がその場で報告した個人的な事のお祝いに、と
なんと作品をくださったのだ!!
こ、これはうれしい!!!
私の中のアートがとつぜんリアルなブツになってウチにやってきたよ!!
うううう感動した〜〜。
そしてその行為、かっこいいぜ!
ありがとうございます!
一生大切にします。

私もがんばろうっと。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/04 むらた]
[02/17 ノジー]
[02/10 wada]
[02/10 wada]
[02/09 mihop]
[02/08 福島のいちファン]
[02/08 福島のいちファン]
[02/03 sizu]
[12/06 wada]
[11/23 ノビタナカ]
ブログ内検索
最新TB
バーコード
忍者ブログ [PR]